理容師が3ステップで解説。「髪文字」(かもじ)って何?


zyoseiyukata

あなたは「髪文字」(かもじ)をご存知でしょうか?正しくは「髢」と書きます。髢の歴史は古いですが、とても美容室と関係の深いものです。女性ならご存知かもしれませんが、ここではわかりやすく3ステップで解説します。

日本髪を結うためのエクステ

日本髪を結う時に、形良く仕上げる為に添える毛のことです。
日本髪は結う時に地毛だけでは足りない部分がでる場合があります。その時に髢を使います。長さの目安としては、後ろ髪は肩甲骨~背中の真ん中より下くらいまで必要です。

奈良時代~現在でも使用されています

宮中の女官の髪型の「義髻(ぎけい)」から始まりました。test
奈良時代頃から使用されましたが、一説には日本神話に出てくる天細女命(あめのうずめ)が神事で頭部にまとった「真拆の葛(まさきのかずら)」が原型ともいわれています。

現在は和装婚礼の日本髪、巫女さんも使っています

日本髪を結う機会で使用されています。
現在日本髪を結う機会が多いのは和装の結婚式でしょう。日本髪をセットしてもらう場合にはこの髢のレンタル代も含まれている場合もあります。「かもじ」と平仮名で記載されています。

平安時代にも天然パーマの人っていたんでしょうか? – 生物学 解決済 | 教えて!goo

髪文字がどんなものかご理解いただけましたか?髢は現代でも使われています。昔から女性はおしゃれに気を遣っていたのですね。あなたも髢(エクステ)を付けていつもとちょっと違う髪型を楽しんでみませんか?

http://www.hairmodekikuchi-recruit.com/ 理容師の求人情報はこちら

Comments are closed.