エステマッサージオイルの作り方 ベースオイルと精油の融合


E08716

マッサージオイルを作る時にプラスアルファとして、アロマテラピーにすることをお勧めします。

アロマテラピーでは、ベースオイルと精油を使用します。
この精油の種類によって、マッサージ効果と精神的な落ち着きを醸し出すことになりますが、精油はそのまま使用することができず、希釈して使用することになります。

実は、この希釈したものが、ベースオイルとされるものです。
これは、精油と植物油を混ぜたものです。

間違ってはいけないのが、植物油ですからサラダ油を使うのはNGです。
ベースオイルとしての種類は多く、さらさらした感じ、粘り気があるものなど好みに応じて、好きなアロマテラピーを作ることができます。
また、それぞれの効能を生かしたもので、特徴ある自分用のものを作るのも良いでしょう。

マッサージオイルの役割は、精油の成分を肌に運ぶことにあったり、肌に留める働き、肌を柔らかくします。
ですから、マッサージをする上では、精油の存在はなくてはならないといえるでしょう。

オリーブオイルマッサージで毛穴汚れの悩み解消!! – NAVER まとめ

自分の肌に合ったマッサージオイルを作ろう

ベースオイルはキャリアオイルとも呼ばれ、“キャリア”は運ぶの意味です。
この時、精油との相性、肌との相性を見て、ベストマッチのものを選択することが必要になります。

そして、気持ちの良いマッサージオイルの完成になります。

http://www.esthe-flora.com/recruitエステの求人情報はこちら


CATEGORIES : 未分類/ AUTHOR : sp-kanri

Comments are closed.